2014年、提供病院が増え、3頭目も目指します!

2014/01/06 12:00 ニュース, ニュースレター

Happy New Year 2014

新年あけましておめでとうございます。ジェネラル・マネージャーの小寺です。
みなさま、年末年始はゆっくりとお過ごしになられましたでしょうか。

2014年、シャイン・オン!キッズの掲げる目標に向かって、
病気と毎日闘っている子どもたちやご家族の支援のために、
本年もどうぞ皆さまの寄付・ご支援をよろしくお願いいたします。

2014年 団体として掲げる二つの目標

  • 2つのプログラム(ビーズ・オブ・カレッジ®、ファシリティドッグ)ともに、新規病院への提供拡大を目標とする
  • プログラム提供病院、それらの地域コミュニティに所在する企業、個人支援者からの活動資金支援を強化する

2014年 それぞれのプログラム目標

ビーズ・オブ・カレッジ®

あらたに5箇所の病院に提供開始
ビーズ・オブ・カレッジ®は、これまで小児がん治療中の子どもたちを対象に提供してまいりましたが、あらたにふえる5箇所の病院では、小児がんの子どもたちに加えて慢性疾患の子どもたちにも対象を拡げます。

5箇所の病院に提供できることになりましたのは、2つの助成金獲得に拠ります。

そして、既存12病院での継続活動費用として2014年度は合計780万円(1病院65万円)が必要になり、この費用は皆さまからの寄付・ご支援をいただけるよう、努めてまいります。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。


ファシリティドッグ

2014年から2015年の2か年計画として、3頭目のファシリティドッグ提供 を目指します。
ファシリティドッグ1頭を提供するにあたっては、1,200万円の初年度活動資金(ハワイでのファシリティドッグ、トレーニング費用なども含む)が必要になります。
シャイン・オン!キッズFacebook に「いいね!」をしていただいている数が約3,700、
ニュースレターの購読者数は約2,500です。それぞれの方が毎月200円、年間で2,400円の寄付をしていただければ、2014年度新規活動費用資金調達は達成できます。


より多くの方たちがシャイン・オン!キッズの活動を知って、ご支援いただけるよう努力してまいります。
皆さまからお知り合いの方への口コミ、協力支援も大きな支えになります。
病気と毎日闘っている子どもたち、家族の支援のために皆さまからのご支援をよろしくお願いいたします。
今年もご指導ご鞭撻のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

小寺真理子

ジェネラル・マネージャー 小寺 真理子

ファシリティドッグ・プログラム 森田 優子&ベイリーより

森田&ベイリー写真

新年明けましておめでとうございます。
昨年は森田とベイリーは緩和ケアチームの一員として毎週カンファレンスに
参加するようになったり、カルテ記載もできるようになったりと、医療スタッフの
一員として認められたように感じた一年でした。

2014年は神奈川県立こども医療センターでの活動が2年目となります。
病院スタッフと協働し、子ども達の入院生活がより良いものとなるよう、
そしてさらに良いファシリティドッグプログラムが提供できるよう、
ベイリーとともに努力していきます。

本年も引き続きのご支援、よろしくお願いいたします。

ファシリティドッグ・プログラム 皆川 誠一郎&ヨギより

皆川&ヨギ写真

静岡県立こども病院に配属されてから、1年半が経過しました。
2013年はテレビや新聞などでファシリティドッグが取り上げられたり、
講演会でお話させていただく機会も多くシャイン・オン!キッズの活動の
認知度がぐっと上がったと実感しております。
また2013年は、病院外でも病気と闘う子どもたちとご家族のことを「他人事」では
なく「自分事」として考えてくださる方々との良き出会いがたくさんありました。

病院外の方々は病気と闘う子どもたちやご家族と直接関わることは少ないと
思いますが、それでも何か協力したいと、そっと手を差し出してくださる方の
大きく強い優しさには心より感謝しております。

私とヨギは、まだまだ経験が浅くもっともっと勉強が必要ですが、
初心を忘れず、謙虚な気持ちで活動を続けていけたらと考えております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

シャイン・オン!キッズに寄付・支援していただくには

寄付金のご送付
古本で寄付する(チャリボン)
ボタンクリックで寄付する(gooddo)
★ パラカップ2014大会にランナー、ボランティアとして登録する